9月23日 (種まきから145日目)落水

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

落水とは、田んぼの水を抜くことです。出穂してから約30日後、稲刈りの約10日前を目安に行います。水を落として、稲を乾かすことにより登熟を完了させます。また、土を乾かすことにより、コンバインの走行性の安定など、稲刈りの作業がスムーズに行えるようにします。

乾かした稲土

お米は開花してから約20日間で大きくなり、約35日頃に完熟します。これでお米が完成です。お米が完成したら、水を落として稲や土を乾かし、稲刈りに備えます。

稲アップ

落水時期は、その年の天候や田んぼの土壌条件 (湿田か乾田かなど) によって最適の時期を選びます。早く落水しすぎると、玄米の充実が悪くなり、未熟米・くず米・胴割米などが増加します。また、水分不足により、病害虫 (ウンカや穂いもちなど) の被害も受けやすくなります。

逆に落水が遅れると、籾が熟れすぎて、お米の品質が悪くなります。また、倒伏の原因ともなります。田んぼごとに、年ごとに最適に稲刈りの日を判断し、そこから逆算して落水を行います。

140日目・スズメ

150日目・黄金色の輝き