9月28日 (種まきから150日目)黄金色の輝き

  • 稲 実寸大稲 拡大
  • 田んぼの写真田んぼの写真
  • 稲の写真稲の写真

出穂後は、稲の葉や茎は全力で籾に栄養分を送り込みます。籾が登熟して栄養分の溜め込みを完了すると、使命を果たして枯れ、美しい黄金色になります。

プラントオパール

稲の葉や茎が、寒さや病害虫などが原因で枯れた場合は、赤みを帯びています。しかし、籾に栄養分をすべて送り込み、その使命を果たして枯れた場合は、美しい黄金色になります。
また、稲には、プラント・オパール (植物珪酸体) と呼ばれるガラス質細胞が存在します。そのために、日の光を受けて輝くとも言われています。

  • 秋アカネ
  • 稲穂

秋アカネが山から戻って来て、稲穂が太陽の光を受けて黄金色に輝いたら、いよいよ稲刈りです。

145日目・落水

155日目・刈り取り・脱穀