田んぼは水を管理する

田んぼ作りの第一歩は水の確保です。さて、どこの山の水、川の水を引いてくるか。

どの田んぼから水を入れ、どこに水を流すのか。それを計算し、ときには川の流れを変えたり、溜め池のネットワークを作ったり。そもそも山に水を溜めるためには、木を植えなければなりません。

こうして先祖は水を作りました。都市や工業地帯での水利用は「水の消費」ですが、農業は木を植え、洪水を調節し、地下水を涵養 (かんよう) する「水の生産」を行ってきました。

稲作は水をコントロールする技術でもあります。その技術が、国土も守っています。

水田は都市の洪水を防いでいるダムです。

棚田

日本は雨が多い国です。年間平均降雨量は2000mmで、世界の平均900mmの2倍以上もあります。

しかも日本列島は地形が険しいため、川が急流です。黄河やアマゾン川と較べると、ちょっとオーバーにいうと、まるで滝のようです。この急流を、日本海側では春に雪解け水がどっと流れ、太平洋側では梅雨明けから台風のシーズンにかけて集中豪雨が流れ落ちます。

日本の川は、大雨のあと水が急に増えて侵食・洪水を起こします。雨水が川から流出する割合は60%を超える高さです。日本は水害大国といえるのです。

田んぼ、溜め池、用水路などの農業施設は洪水を一時的に溜めて、川への急激な流れ込みを緩和し、周辺および下流域での洪水被害を軽減・防止する役割を果たしています。

  • 山の川1
  • 山の川2
  • 山の川3

日本の水田は約280万ヘクタール。整備された田んぼ140万ヘクタールには30センチ、未整備の田んぼ140万ヘクタールに10センチの貯水能力があるとして、60億トンの水を溜めることができます。これは現在、日本における300ケ所以上の洪水調節ダムの約4倍の能力を持っています。

日本の大河川の下流域には東京・大阪をはじめ、多くの都市があります。もしも田んぼがなかったら、洪水による都市の被害が大きくなります。

田んぼ

田んぼは地下水を涵養 (かんよう) し、井戸涸れや地盤沈下を防止しています。

ひとこまマンガ

地表の水が徐々に土にしみ込んで地下水になることを涵養といいます。

日本の平野の地盤は水分の多い地層で、ここから地下水を汲み上げ過ぎると地盤沈下が起きます。都市周辺の水田の減少はこの地盤沈下に拍車をかけることになります。東京ではここ70年間で4.6m、大阪ではここ50年間で2.9m沈下している場所があります。

田んぼは常に水を溜めていますから、畑のように雨が降ったときだけではなく、絶えず地下に水を浸透させ、地下水を補給し続けています。

垂直浸透が1日15mmとして、稲作期間を120日とすると280万ヘクタールでは年間に500億トンの水を地下に送ります。そのうちの60%が伏流水などとなって川に流れていき、残りがさらに地下深く浸透して地下水となります。それを汲み上げて井戸水として使ったり、それが自然に湧き出して泉になったりします。

田んぼは地下水の涵養により水不足も緩和します。

ひとこまマンガ

田んぼは、涵養する地下水の60%を河川にゆるやかに放出し、河川の流れを安定させる役割を果たしています。

河川の水位が下がったときに、周辺の地下水が河川に流れ出てきます。このことにより、河川沿いの地域のさまざまな用水の確保や渇水防止に貢献しています。

夏の暑い盛りに田んぼが乾いてひび割れているのを見ることがありますが、あれは中干しといって、稲の根を鍛えるためにわざと水を抜いているわけですから、心配しなくても大丈夫です。

田んぼは水質を浄化します。

ひとこまマンガ

田んぼに入った水は浄化されます。

まず、さまざまなゴミが田んぼを流れているうちに沈澱したり、土の層を通過するときに濾過 (ろか) されます。土の中にはパイプのような水路があり、そこを汚水が流れる間にも、ゴミや細菌が除去されます。

水に溶けている塩類やイオンは土に吸着されます。土の中の粘土粒子や腐植はマイナス電荷をもっており、これに重金属イオンなどの陽イオンが吸着して除去されるわけです。

水に溶けている窒素=アンモニアや硝酸は、田んぼの土の層を通過するときに微生物によって窒素ガスに分解されて、空気中に放出されます。これを田んぼの脱窒作用といいます。

畦で囲まれた田んぼは、酸性雨でさえも肥料分とし、きれいな水として下流に流しています。

田んぼは気温を調節するクーラーです。

ひとこまマンガ

田んぼは蒸発と蒸散により気温を調節しています。これにより、熱帯雨林に近いといわれる暑い日本の夏も、過ごしやすくなっています。

田んぼは、水が蒸発するときの潜熱で周囲を冷やしています。夏に庭に水をまくのと同じ効果です。

木陰が涼しいのは日陰であるのと同時に、葉からの蒸散があるからです。稲はこの蒸散作用により周囲を涼しくしています。

水を溜めた田んぼはこの蒸発と蒸散のダブル効果で畑や林よりもクーラー効果が高くなっています。

日本の田んぼ280万ヘクタールのほぼ60%が都市周辺を含めた平地にあり、ヒートアイランド化しやすい都会のクーラーとなっています。