お千さん(※架空の人物です)

お千さん

千歯扱きの歯は最初は竹でできており、麦の脱穀に使用されていました。それがいつの頃からか鉄製に変わり、固い米の脱穀が可能となりました。この鉄製千歯扱きの発明者が誰なのかは、分かっていません。鉄歯を最初に作ったのは、釘職人ではないかという説があります。しかし、そのアイデアを提供した人物は特定されていません。近松門左衛門の著作の中に、鉄製千歯扱きが発明されたため、多くの女性が仕事を失ったという表現があり、それまでは脱穀が農村の女性の仕事であったと推測されます。そこで「瑞穂国の伝説」では、鉄製千歯扱きの発明にこのような女性が関与していたと仮定して、仮にお千さんと名づけて物語としました。フィクションであり、歴史的事実ではありません。気楽にお楽しみください。

夫に先立たれ、脱穀の仕事で暮らしをたてるお千さん

時は江戸時代初期、元禄文化が花と咲き、やがて享保の時代になろうという頃のお話です。お千さんは、江戸から遠く離れたある農村の女性です。両親をなくし、若くして夫もなくし、農家の脱穀の手伝いを仕事としていました。近在でも評判の働き者で、貧しいながらも暮らしをたて、年の離れた弟を苦労して育てあげました。この春から、弟はようやく隣村の釘職人の家に弟子入りするまでになりました。

さて、お千さんの仕事は稲の脱穀です。当時、脱穀は大変な作業でした。扱箸 (こきはし) といって、2本の竹を箸のように持って、少しずつ稲を扱いていました。あまりにも効率が悪く、女性たちは早朝から夜遅くまで働かなくてはなりませんでした。「米の脱穀は大変だわ。麦なら、千歯扱きがあるからラクなのになあ」と、お千さんは暮れはじめた空を見上げて、ため息をつきました。今日中に扱かなければならない稲束の山も、夕日で朱色に染まっています。

ここでお千さんが言っている千歯扱きとは、麦を脱穀する便利な農具です。竹製の歯が十数枚並べてあり、歯と歯の間に麦の束を入れて引き抜くと、麦が一度にたくさん脱穀できます。しかし、千歯扱きは歯が竹でできているので、麦なら脱穀できるのですが、固い米を脱穀することはできません。米を脱穀しようとすると、竹の歯が折れてしまいます。

釘職人による挑戦

ある時、お千さんは竹の代わりに、鉄の歯を使ってはどうか、と思いつきます。隣村には釘職人がたくさん住んでおり、鉄の塊を細く長くする技術を競っていました。ちょうど弟が、釘職人の家に弟子入りしています。ある夜、お千さんは、弟にこのアイデアを打ち明けます。姉の苦労を知っていた弟は、翌日親方の家に着くやいなや、親方に相談しました。親方は怒鳴りつけました。「半人前が、一人前の口をきくんじゃねえ。まずまともな釘を作ってみやがれ」。弟はあまりのこわさに震え上がりました。しかし、それがお千さんの願いと知ると、親方は鉄を溶かす炎をしばらくじっと眺めてから、きっぱりと言いました。「そうかい。あの働き者のお千さんの言うことなのか。ならば、無茶を承知で挑戦してみようじゃないか」

こうして、鉄製千歯扱き試作への挑戦が始まりました。釘職人たちは親方を中心に一丸となって、知恵を出し合い、工夫に工夫を重ねました。問題は竹の歯にそっくりの鉄歯を作ることと、それを米の脱穀に耐えるほど頑丈に取り付けることにあります。一方では注文されている仕事をきちんとこなさなければならず、寝食を削っての努力です。こうして数週間後のある朝、一番鶏が鳴く頃に、ついに鉄製の歯を持つ千歯扱きが完成しました。

お千さんの涙

親方と弟はこの鉄歯の千歯扱きを持って、お千さんの元を訪れました。帰りの遅い弟を寝ずに待っていたお千さんの前で、親方は黙ってお米の脱穀をして見せました。お千さんは驚きの声を上げました。あの固い米が、まるで麦のようにどんどん脱穀されていくのです。弟が、うれしそうに言いました。「できたよ、お姉ちゃんの千歯扱きが」

お千さんは、プレゼントされた鉄製千歯扱き第一号を愛おしそうに眺めました。そして、親方と弟がにこにこして見守るなかで、藁束をつかみ、鉄製千歯扱きで脱穀作業を始めました。しかし、お千さんは藁束を引き抜くことができませんでした。米はやはり固く、お千さんの力では脱穀することができなかったのです。

「お姉ちゃんの力では、無理みたい。とても女の力では脱穀できないわ」。お千さんはうつむいて、涙をはらはらと流しました。弟はおろおろして言いました。「姉さん、ごめんね、こんなもの作らない方が良かったんだ」。お千さんは顔を上げました。すると驚いたことに、お千さんは涙を流しながらも、満面の笑顔だったのです。「何を言ってんのよ、この子は。この鉄製千歯扱きはきっと人様の役に立つわ。お姉ちゃんは、あんなに幼かったお前様が、立派になってくれたのがうれしくって、それで涙がとまらないんじゃないか。ありがとう。本当にありがとうね」。鉄歯にお千さんのうれし涙がしたたり、朝日にきらりと光りました。

というようなことがあったかどうかは分かりませんが、鉄歯の千歯扱きが発明されて、脱穀の能率は飛躍的に向上しました。それは評判を呼び、全国の鍛冶職人が鉄製千歯扱きを作り始めたようです。千歯鍛冶は全国各地を訪れて修理をしました。また、商人と組んで「直しと行商」のスタイルを作りました。こうして、日本中の村々に千歯扱きが行き渡るようになりました。米の脱穀は強い力を必要としたため、脱穀の仕事は徐々に、女性から男性の仕事に移っていったとも伝えられています。

鉄製千歯扱きが普及し、全国の農民の助けとなる

千歯扱きは歯が多くあるから千歯扱き、また千把扱く事ができるので千把扱きと呼ぶなどの説があります。歯の数は19本、23本、25本で奇数が一般的です。江戸時代は歯の断面は長方形でしたが、その後半円形、三角形などへと改良されます。また、歯の並べ方を湾曲形にして、稲束を扇状に広げ、扱手 (こきて) からそれぞれの歯が等距離となるような工夫もされました。明治時代に足踏み式脱穀機が発明されるまでの約200年間、広く愛用されました。

ここでは仮にお千さんという女性に設定しましたが、鉄歯の千歯扱きを発案した方は必ず実在したはずです。誰とは知られていないその方こそ、まさに田んぼのヒーローの名にふさわしいと思います。

徳川光圀

伊能忠敬