安倍晴明(あべのせいめい) 延喜二十一年 (921年)〜寛弘二年 (1005年)

安部晴明

平安中期の陰陽師 (おんようじ) 。式神 (しきがみ) を使い、あらゆる事を未然に知ったと伝えられている。式神は陰陽師の命令に従って、変幻自在、不思議な技をなすという精霊。

平安京を闇の勢力から守る陰陽師

400年にわたる平安時代は貴族文化が開花した華やかな時代とされていますが、一方、奈良時代に政争に破れた人々が怨霊となって襲いかかり、鬼や物の怪 (もののけ) が跳梁跋扈 (ちょうりょうばっこ) する闇の時代だともいわれています。平安京はこの怨霊や鬼から守るために造営した防衛都市です。そして、この防衛役を担ったのが、陰陽寮に所属する陰陽師です。

陰陽道 (おんようどう) は古代の中国哲学である陰陽 (いんよう) ・五行 (ごぎょう) 説と天文暦法とが結合して日本で成立しました。陰陽寮に所属する陰陽師は占術と呪術の達人だったそうです。

唐に留学して天文や忍術などを学んだ奈良時代を代表する陰陽道の達人・吉備真備 (きびのまきび) 。その流れをくむといわれる平安中期の陰陽師・賀茂忠行 (かものただゆき) 。この賀茂忠行の前に、一人の少年が現れます。

百鬼夜行が見える謎の少年

少年の父は陰陽師の安倍保名 (あべのやすな) 、母は美しい女に化けた白狐だったと伝えられています。少年は幼い頃から、怪異を見る力を持ち、その能力を伸ばすべく賀茂忠行に師事することになります。

ある日、少年は忠行の供をして下京の辺りに行ったことがありました。少年は車の後を歩き、忠行は車の中で眠り込んでいました。ふと前方を見ると鬼共が歩いてきます。雅なる闇の時代。京の都では、時には百鬼夜行 (ひゃっきやぎょう) といって鬼や妖怪たちが行列を作り、祭りのように練り歩いていたといいます。少年は忠行を起こして、このことを伝えました。忠行は術で自分や供の者たちの姿を隠して、無事にやり過ごすことができたのです。それから忠行は、少年を手放し難く思い、陰陽の道を全て教えました。この少年こそ、後に陰陽師として京の闇を支配したといわれる安倍晴明です。

平安の闇に君臨した当代随一の陰陽師

安倍晴明は人々を苦しみから解放するために、人々にまとわりつく怨みや怨霊を鋭い 眼光で見抜き、光と闇を行き来したといわれています。式神と呼ばれる鬼神を自在に操り、人の未来を言い当て、陰陽道の秘技をつくしたとされ、数々の伝説が残されています。

ある日、安倍晴明は子供たちが一匹の小さな白いヘビをいじめているところに通りかかり、ヘビを助けました。そのヘビは竜宮城の乙姫でした。お礼に竜宮に案内され、帰りに耳に烏薬 (うやく) を塗ってもらうと、鳥達の話が分かるようになりました。

ある日、安倍晴明は蔵人の少将に鳥が糞をかけるのを見ました。その瞬間、少将の命が今夜限りであることを見てとりました。少将は、他の陰陽師に呪いをかけられ、式神に打たれたのです。晴明は一晩中呪文と祈祷 (きとう) で守護しました。その結果、呪った陰陽師のもとに式神が逆に帰っていき、その陰陽師は死んでしまいました。呪いを返したのです。

ある日、安倍晴明は藤原道長にかけられた呪いを見破りました。呪いをかけた者を探し出しましょうと、懐から紙を取り出し、鳥の形に切って呪文を唱えて空へ投げました。すると、その紙は白鷺になって南へと飛び去りました。 この鳥の止まるところが呪いをかけた者の住まいです。後をつけて踏み込むと、一人の僧が、自分がやったと白状しました。

ある日、安倍晴明に僧たちから要請がありました。高僧が大病にかかり死に瀕している、弟子たちが祈祷したが霊験がないので何とかして欲しいと。晴明は、治すことはできるが条件がある、高僧の身代わりになる人間が必要だと告げました。それを聞いた弟子の一人が名乗りをあげました。そこで晴明は祭壇を築いて高僧の病気転移と延命のための祈祷を行いました。その結果、高僧も身代わりになるはずだった弟子も助かりました。これこそ命をとりかえる秘中の秘とされた呪術・泰山府君の祭です。

暦道と降雨術で農業を守る

安倍晴明はまた暦道にも通じ、暦によって天候を管理し、農業予測や政策を作成したといわれています。ライバルの陰陽師・蘆屋道満 (あしやどうまん) との術比べでは、安倍晴明が術をかけると天を覆う雲が割れ、そこから竜があらわれて雨を降らせたという話も伝えられています。

藤原道長の「御堂関白日記」には安倍清明の晩年の雨乞いの話が残されています。長保六年 (1004年) 、安倍晴明は84歳で、天文博士という重職にありました。さて、その年は史上稀にみる大干ばつでした。7月には日照りが続き、農作物は全滅し、人々は飢えていました。そこで7月8日、高僧が弟子の僧10人と共に大和の龍穴社で降雨の祈祷を行いました。12日には七大寺並びに十一社で雨乞いをさせたところ、雷の音とともにわずかな雨が降り、13日には夕立がありました。しかし、14日にはついに安倍晴明の出番となりました。そして、安倍晴明が五龍祭 (雨乞いの祭り) を行うと、ついに大雨となったそうです。干ばつによる飢饉から人々を救った清らかな雨。それは数々の安倍晴明伝説のなかでも、もっとも光にみちたものでしょう。

小野小町

北条泰時