福永章一(ふくながしょういち) 明治十六年 (1883年)〜大正三年 (1914年)

福永章一

足踏み脱穀機を発明して、脱穀作業の画期的な省力化を実現。国内はもとより、韓国や台湾にも輸出され、アジアの国々の米作りに貢献した。

自転車に絡まった稲穂にヒントを得て足踏み脱穀機を発明

福永章一は明治十六年 (1883年) 、佐波郡牟礼村 (現在の山口県防府市) に生まれました。明治四十年 (1907年) の秋のこと、防府の体温計製造工場に勤めていた福永章一は、通勤のために自転車で農道を走っていました。収穫を間近にした稲の穂は、たわわに実って農道にまで飛び出して頭 (こうべ) を垂れていました。そして、福永が乗る自転車のスポークに稲穂が絡まり、籾がぱらぱらと飛び散ったのです。福永はこの偶然の体験にヒントを得て、並々ならぬ研究をかさね、4年後の明治四十四年 (1911年) 一月、ついに特許権を得ました。世界農具史のエポックメーキングとなる、足踏み脱穀機の発明です。

元禄以来200年以上も続いた、千歯扱きによる脱穀の歴史を塗り替えた足踏み脱穀機は、日本の農業の最初の機械化といわれています。その後、全体の型や歯の改良などが進められ、大正時代の初めには全国に普及しました。籾 (もみ) を茎から分離する脱穀は、千歯扱きを使った手作業で、時間も人手もかかる大変な作業でした。足踏み脱穀機は、これを機械化して画期的な省力化を実現しました。

足踏み脱穀機の出現によって稲作の手法も進化

足踏み脱穀機の普及につれて、使用上いくつかの問題点が指摘されるようになりました。たとえば、稲束が大束であると、握った時に中心付近には力をかけにくく、稲束の中心付近の穂が脱穀機に抜かれる点などです。しかし、足踏み脱穀機はもはや手放せないものであり、稲束を小束にするなど、稲刈りの手法を変更しました。

その結果、さらに効率が上がりました。足踏み脱穀機の出現が、それまでの農法を進化させたといえます。1時間あたりの作業能率は、千歯扱きによる45束から、250~300束と劇的に向上したと伝えられています。

稲作国へ輸出され、アジアの国々の米作りに貢献

福永章一が発明した足踏み脱穀機は、国内はもとより、韓国や台湾にも輸出され、大ヒット商品になりました。米作りは弥生時代に、アジア大陸から日本に伝わった技術です。足踏み脱穀機は、逆に日本からアジア大陸へと伝わり、アジアの国々の米作りに貢献することになりました。

大正四年製の足踏み脱穀機には、西谷商店製と明記されています。これは、福永章一から、山口県以外の地域での製作販売の権利を譲渡された西谷繁雄が、さらに改良を加えたものだそうです。骨組みはすべて堅木で、大変頑丈に作られています。価格は1台14円。西谷商店が改良した足踏み脱穀機は、西谷式と呼ばれています。西谷繁雄もまた足踏み脱穀機を改良し、普及させたという点で、田んぼのヒーローといえるでしょう。

いまも生き続ける福永章一の発想

かつての農村には、農業に従事しながら、もっと便利になる方法はないか、農民が少しでも楽になる方法や、効率の上がる道具はないだろうかと模索して、知恵を尽くす人物が多かったようです。知恵と工夫は、鍬一本でも、一人ひとりが違う形状で鍛冶に注文していたという、日本の農民の伝統といえるでしょう。

昭和になると、食糧の増産を課題に、農業機械の改良も進みます。それを支援したのが、国や県の農業試験所や農機具専用メーカーでした。足踏み脱穀機は、動力脱穀機、自動脱穀機へと改良され、いまではハーベスタやコンバインへと進化しています。福永章一の足踏み脱穀機の発明は、いまでも米作りを支え続けています。

坂本龍馬