夢を捨てない久米島農業人に神が味方したカンジンダム

ヤンガー池の貯水量問題

山里昌伸

山里昌伸 (Yamazato Masanobu)
久米島町具志川土地改良区理事長

久米島町具志川土地改良区は、カンジンダムの設備と水質の管理を担っています。理事長の山里昌伸さんと吉田政也さんにお話をお伺いしました。山里昌伸さんははじめに紹介した山里昌朝さんのご子息で、農家でもあります。

山里昌伸「まず、電気系統の故障がないように注意しています。例えば、菊農家はタイマーで水を供給しています。特に、 (挿し芽を) 挿してすぐの時期に水が切れたら大変なことになります。水質管理も重要です。夏場の暑い時期に藻が発生したりして、水が濁ったり腐ったりしたら、葉がダメになります」

  • カンジンダム1
  • カンジンダム2
  • カンジンダム3
  • 田んぼ

カンジンダムの水は空気を供給する曝気 (ばっき) により、水質を清浄に保っています。久米島ホタルの会の生き物を活かした浄化機能と併せて、慎重に管理されています。

吉田政也

(左) 吉田政也 (Yoshida Masaya)
久米島町役場 産業振興課 土地改良区派遣主査

ハード的には貯水量の問題が懸念されています。
吉田政也「カンジンダムからヤンガー池にポンプアップして、その高さを利用した水圧でスプリンクラーを稼働させます。そのヤンガー池の容量が小さいのが問題としてあがっています。一日で揚げた水が、一日で無くなっているんですよ。現在も第3期として、水を供給する面積が拡大中なので、計画の338ヘクタールへの供給が出来た時点で、供給が追いつかなくなる可能性があります」

神の凹地 (ウバーレ)

吉田政也「久米島農業については、真剣に今後のことを考える必要があります。地力が落ちて、サトウキビも1反あたりの収穫量が下がっています。化学肥料と農薬の使い過ぎが原因と思われます」

久米島農業の将来については、川辺さんもおっしゃっていました。
川辺貢「カンジンダムは、効率のいいダムです。 昔の溜め池と今のダムを連携させたいい見本です」

  • 凹地1
  • 凹地2

川辺貢「理想的な凹地 (ウバーレ) がある。神様がこういう場所を与えてくれた、不思議なダムなんです。しかし、水を活かすための営農技術を新たに確立しないといけません。いままでの延長上では、活かしきれない」

吉田政也「沖縄の失業率は8.8%ですが、我々が見た範囲では、久米島はさらに厳しい。働き口がないので、人口が減っています。いかに人口流出を食い止めるか。なんとか農業を振興しないと。サトウキビ脱却をどう図るかが課題ですね。作物転換は、もう迫られています」

作物転換への挑戦の一つが、仲村渠 (なかんだかり) さんのオクラです。
仲村渠正明「カンジンダムが出来て、水の安定供給が可能になったので多角経営に挑戦出来たのです。 サトウキビに加えて、サツマイモ、そしてオクラ」

そう、カンジンダムの使命は、常に安定的な水を農地に供給して、 台風の被害を受けにくい作物で儲かる農業を実現することなのです。

  • オクラ
  • タンク

仲村渠正明「いまは畜産も兼ねており、母牛が30頭います。子牛を出荷しますが、繁殖牛が増えると、久米島全体で牧草の栽培量を増やすことも可能です。水運びが省力化出来た分で農地も拡げて、いまは20ヘクタール近いです」
多品目を作ることが出来れば、サトウキビの反収減少の原因の一つである連作障害も、栽培する場所を毎年変更する輪作により、回避できます。

  • ヤギ
  • 牧草をロール状にしてラッピングする作業

儲かる農業への挑戦

仲村渠正明「オクラは、今年から始めました。一日平均、30~40キロ。この状態で出荷するんですよ。手をかけないで。だから高くなくてもいいよと。手をかける、つまり、選別が大変なんです」

  • オクラ
  • 仲村渠

仲村渠さんにとって、オクラにはもう一つの思いがありました。
仲村渠正明「久米島の農業に刺激を与えるためにもやっているんです。自分、JAの支店運営委員もやっていますので。沖縄、久米島はあまりにもキビに頼りすぎているんじゃないかなと思います。キビの収穫は4月まで、それから後は (経費が) 出て行くばかり、収入が入ってきません。意識改革をしたいんですよ。農業を活性化させて、地域を盛り上げるのはそれしかないから」

サトウキビ生産実績は昭和59~60年期の122,040トンから平成21~22年期は68,700トンと減少しています。 (久米島町ホームページから引用)

仲村渠正明「カンジンダムが出来て、夢が持てるようになりました。人間、生きて行くためには、米がなければ生きていけないし。どうしても土から得た物を食べて生きていくんですから。農家だけじゃなくて、人はみんな、そうですから。農業は根気づよく、もうそれしかないんで。努力した分の見返りは、返ってくる。どれだけ愛情を注ぐかなというのが基本だから。自分もがんばりますよ、夢、捨てないで」

カーチー (乾いた風) が吹き通すんだったら、千里も吹き通す。

  • 農業人1
  • 海

風を止めることは出来ませんが、農業人は水をコントロールすることは出来ます。南部農林土木事務所、久米島ホタルの会、久米島町具志川土地改良区、沖縄県農業共同組合。さまざまな思いを受けとめるカンジンダムの水と、夢を持つ農業人の強さ。仲村渠さんのオクラ畑から、久米島農業の新しい時代が始まっていました。

農業人2

<2012年6月29日※皆様の肩書きは2012年6月29日現在のものです。 文責:くぼたのたんぼ管理人>

大正13年、泥炭地に打ち込まれたツルハシの力。国づくりを支えた北海幹線用水路

稲作2000年の地の心が守る 宇和町の水と風景