稲作限界標高1,000メートルでの挑戦を支える白樺湖の美しい素顔

白樺湖

長野県・八ヶ岳中信高原国定公園の中心に位置する白樺湖は、リゾート地として一世を風靡しましたが、その素顔は農業用温水溜め池です。

稲作の限界標高に位置するこの地域には「水口立ち (みなぐちだち)」という哀しい言葉がありました。農業用水が冷たく、水口付近ではお米が実らず、稲穂が垂れることなく「青立ち (稲が青々と直立している状態)」となった状態のことです。田んぼの面積の、実に三分の一が収穫不能でした。

「水口立ち」を克服したのが、地元が総力を挙げて築造した白樺湖です。その歴史と、白樺湖が支える農業人の挑戦をレポートします。

冷害により田んぼの三分の一が「水口立ち」に

白樺湖がある場所は、元々は湿原地帯で、中央に音無川が流れていました。柏原区青年会の運動会場として川干狩を行い、即席料理に腹鼓 (はらつづみ) を打ち、相撲をとったり演芸をしたりと楽しく一日を過ごす場所でした。

  • 農家
  • 鈴木と雪

この音無川の水は貴重な農業用水でしたが、標高約1,400メートルに位置しており、水温は夏でも14〜15度、25度以上の水温を必要とする稲にとっては致命的な冷たさでした。水口 (みなくち=田んぼに水を引き込む取り入れ口) 付近の稲は実ることがなく、「水口立ち」となり、三分の一がそのまま枯れていったそうです。

現在、白樺湖を管理している茅野市池の平土地改良区理事長の両角敏幸さんに、お話をお伺いしました。

両角敏幸

両角敏幸 (Morozumi Toshiyuki)
茅野市池の平土地改良区理事長/ご自身も1ヘクタールの農地で米、蕎麦づくりをする農家でもあります。

両角「苗を育てても、水の入口付近と奥では苗の丈が違っていたほどです。水口では籾が実らないので、青いまま立っている。田んぼで、そのまま燃やすしかなかったそうです」

守矢仁作が推進、湿原を溜め池に

昭和10年夏、柏原地区の守矢仁作は、時の控訴院判事・両角誠英氏とこの地に遊び、ある提案を受けたと伝えられています。

築造昭和1

両角「音無川をせき止めて、太陽光で温める温水溜め池として、水稲の増収を図るというものでした。川底がVの字みたいになっている場所があり、そこをせき止めようと。また、漁業や観光もひらかれるのではと」

  • 築造昭和2
  • 築造昭和3

昭和15年、着工

湿原を溜め池にするという大事業は、守矢仁作の奔走により、国庫補助金を受けて昭和15年に着工されました。しかし、昭和19年に資金難により中断します。その後、戦争が勃発。工事の再開はますます遠のいたように思えました。しかし、地元柏原地区は山の立木を売り払って資金を捻出し、区民全員体制の手作業、一日三食の麦飯に堪えて工事を再開します。

両角「老若男女、総出で奉仕しました。この写真は昭和19年頃、川底 (水路) の土を固める作業に出るときのものですね。この道具は『タコ』って呼んでいたと思います」

着工1

男性が後列で、女性が前列に並んでいます。重労働だったと思われますが、女性は笑顔を浮かべています。この事業に対する地元の期待が高かったことを伝えてくれているような笑顔です。

着工2

昭和21年11月、「蓼科大池」竣工

完成した温水溜め池は標高1,416メートル、周囲約3.8キロメートル、貯水量112万立方メートル。当時の長野県知事により、当初「蓼科大池 (たてしなおおいけ)」と命名されました。

  • 白樺湖昔
  • 湖面の白樺
  • 堰堤逆から
  • 堰堤

堰堤 (えんてい) で水をせき止め、約102メートルの堤体から太陽光で温められた上澄みが溢れ出します。

堰堤と水路

これが全長約102メートルの堤体です。今から見ても大事業だったことが分かります。

鯉

底では鯉が群れをなしていました。

両角「田んぼの水口でも稲が実るようになり、10アール (100㎡) で約600キログラムとれるようになりました。前はその半分ぐらいでしたから、白樺湖の水には本当に感謝しています」

後に柏原地区は守矢仁作翁の偉徳を称えて建碑しています。

会長と白樺湖
  • 守屋翁碑
  • 農業用看板

「水口から実が入る」

両角「この白樺湖の恩恵を受けているのは、この柏原地区と茅野市の田んぼで、約110ヘクタールです」

トラクタ

リゾート地として名を馳せた白樺湖ですが、昭和21年の完成以来、いまもこの地の農業を守っています。かつての「水口立ち」という言葉は聞かれなくなり、いまでは「水口から実が入る」と言われています。

水の道をめぐる旅 TOP

大正13年、泥炭地に打ち込まれたツルハシの力。国づくりを支えた北海幹線用水路