稲作2000年の地の心が守る 宇和町の水と風景

農業用水リサイクルシステムの確立

2006年春、約5年の歳月をかけた県の基盤整備事業の完成で、宇和町の水事情は一変しました。農地が中四国最大の1.2ヘクタールの区画に整理され、農道の地中には給水と排水のパイプが張り巡らされました。排水された水は低地に新設した溜め池で溜め、各区画の給水栓までポンプアップされます。 農業用水のリサイクルシステムが確立し、少ない水を効率的に活用出来るようになりました。

鈴木さんにお聞きしました。

  • 町中の水路
  • 撮影:鈴木友三郎
  • 撮影:鈴木友三郎
  • 撮影:鈴木友三郎

鈴木「関地池から水を下ろして、ポンプアップして何度も使うという水路のネットワークが完成しました。一滴も無駄にしないという努力です。パイプラインには圧力をかけていますので、バルブを開けたら水が来ます。上から順番に流さなくてもよくなっています。時期を同じくして、コウノトリが来るようになりました。安心して休めるところ、と思っているんでしょうね。このコウノトリは『えひめちゃん』という名前です。真鶴も飛来してきています」

えひめちゃん

宇和米ブランド確立に向けて

宇和町ではいま、町をあげて宇和米ブランドの確立を目指しています。

鈴木「カントリーエレベーターをつくり、外面に『宇和米』と大きく名前を入れました。それによって『今摺米 (いまずりまい) 』と言いまして、籾のまま貯蔵することが可能になりました。それまでは低温乾燥のライスセンターでした。その時代は『愛媛の米』で、カントリーエレベーターに切り替えたときから『宇和米』と名乗り始めました。町では、優秀な米を作り町外へ売り出す努力を続けています。産直経営で『宇和米』は人気商品として取り引きさせてもらっています。県内ではファンが多くなってきており、県外はこれからですね」

宇和米

Z-1グランプリ

宇和米博物館は、米作りと町の歴史の保存だけではなく、ユニークな催しで宇和米ブランドのPRや観光にも貢献しています。その一つが、109メートルの長い廊下で雑巾がけをして、そのタイムを競う「Z-1グランプリ」です。

鈴木「この廊下の109メートルを体感していただこうという主旨で開催しています。事の始まりは、久留米から訪問された来館者の方のチャレンジでした。その方が、この廊下を見て、是非雑巾がけをさせてください、タイムを測ってくださいとおっしゃられ、芳名録にタイムを書かれた事から始まりました。そのタイムも30秒台で非常に良かったのです。この話を聞きつけた来館者の方々が次々と挑戦するようになり、ついに半年後にその記録が破られました。そこで、ご本人に連絡しましたら、一年後にリベンジにやって来られました (笑) 。イベントの最高タイムは18秒23です。もちろんワールドレコードです (笑) 。Z-1グランプリの優勝者には『ZOKING』の称号と『宇和米一俵』が贈られます」

鈴木

鈴木「『Z-1グランプリ』は、乾いた雑巾で行います。それとは別に、いつでも、濡れ雑巾で本当に雑巾がけを体験していただくことも出来ます。タイムは私たちが測ります。雑巾がけをして廊下を磨いていただいた方には、『チャレンジ精神と奉仕の精神で…』という、タイム入りの認定証を発行させていただいています。芸能人の方や高齢者の方もたくさん挑戦なさっています。いかがですか、是非体験してみてください (笑) 」

廊下

これが雑巾を手に、クラウチングスタートの姿勢をとり、ゴールを見たときの画像です。ゴールは、はるか彼方に感じられます。この雑巾がけに挑戦なさる方には、鈴木さんからの貴重なアドバイスがあります。それは、途中で顔を上げてゴールとの距離を確認しないことだそうです。

鈴木「あまり、顔をあげないほうがいいです。心が折れかねないですから (笑) 」

挑戦者には鈴木さんを始めとして、職員の方々が大声で声援を送ります。「あと●メーター、頑張って!」という声もかけますので、ゴールとの距離の確認はゴール間際だけで充分なのだそうです。

ここがゴールです。数々の雑巾がタッチされた痕跡が残っています。「Z-1グランプリ」は夏に予選が行われ、決勝戦は10月。宇和の町は、稲穂の金色に彩られていることでしょう。「Z-1グランプリ」をきっかけにこの地を訪れた方も、米作りの伝統や文化にふれて、宇和米ブランドも印象に残ると思われます。また、地域の方々も観光客のために「わらぐろ」を美しく作ったりと、歓迎しているそうです。

ゴール

夢を捨てない久米島農業人に神が味方したカンジンダム

17才の少年の瞳に映った幻 空の水路・通潤橋