第四話「尽きぬ米袋」

第四話「尽きぬ米袋」

今は昔、越前 (えちぜん) (今の福井県の東) の国に、生江世経 (いくえのよつね) という人がいました。貧しくて食べるにも事欠 (ことか) く日々でしたので、福徳を与えて下さるという吉祥天如 (きっしょうてんにょ) に、

「空腹でたまりません。どうかお助け下さい」

と祈っていました。あるとき人が、門前にきれいな女性が来て、この家の主人に会いたいといっていると教えてくれました。いぶかしく思って出てみると、まことに美しく気品のある女性が、土器 (かわらけ) に御飯を盛って、

「おながかすいているといいましたね。これをおあがりなさい」

と与えてくれました。世経は喜んでそれを頂き、家の中へ持ってはいって、まず少し食べてみると、おいしい上に、すぐ満腹という状態。二、三日たってもおなかが空きません。そこでこの御飯を大事に取っておき、少しずつ食べていましたが、さすがに日を経てなくなってしまいました。

(どうしよう) と思って、またもや吉祥天如を念ずると、再び門前にさきの美女があらわれ、

「そなたを可哀想に思うのだけれど、いつもいつも御飯を大事に持ってきてあげるわけにいかないわ、今度は命令書をあげましょう」

と書付を下さいました。世経がひらいてみると、「米三斗」とあります。世経はいいました。

「これはどこへ参って頂けばよろしいのでしょう」

「ここから北へ峰を越えてゆくと、ひときわ高い峰があります。そこへいって、『修陀、修陀 (しゅだ、しゅだ)』と呼ぶと、出てくる者があります。その者に米をもらいなさい」

世経は早速、教えられた通り、高い峰に登って、「修陀、修陀」と呼ばわります。すると、

「おおう…」

と恐ろしげな声がして、出てきた者の姿…あっと世経はおどろき、がたがたと震えました。額 (ひたい) に一本の角 (つの) が生え、目はぎょろりとするどく、赤いふんどしをしめた鬼だったのです。

怖くてたまりませんが、世経は強いてがまんして命令書を見せますと、鬼はそれを手に取り、

「命令はきいています。ただし、ここには三斗とありますが、ご主人さまは一斗をあげるように、とのことでした」

と恐ろしげな姿ながら、仕事には律儀 (りちぎ) な鬼らしく、袋に一斗の米を入れてくれました。

世経は袋を頂いて帰り、毎日のようにそこから米を取りましたが、何というふしぎ、袋の米はあとからあとから湧いてきて一斗の米がいつまでもなくなりません。世経は次第に裕福になりました。

これを聞いた国守 (くにのかみ)、その袋を百石 (こく) で売れ、と世経に命じます。国守のいうことに背 (そむ) けず、世経は仕方なく渡しました。国守は喜んでその袋から米を取り出しましたが、百石を取り終ると、もう袋から米は出て来ません。国守はくやしがりましたが、しかたなく、世経に返しました。世経が袋の米をとり出すと、米はまたもや尽きることなく、あふれ出ました。

まごころこめて、仏さま・天界の神々を信じ、祈る人々には、こんなありがたいご利益もあるのだと人々は語り伝えたそうですよ。

第三話「藁しべ長者」

第五話「蛇酒」