第五話「蛇酒」

第五話「蛇酒」

今は昔、比叡山で修行している僧がいました。比叡山 (おやま) にいても先の見込みもないと思い、山を下りて生れ故郷の攝津の国へ帰りました。妻も持ちましたが、その里で法事や供養などあるときは、やっぱりこの僧が呼ばれて、講師 (こうじ) などもつとめるのでした。大して学問のある人ではありませんが、田舎の村里では、その程度のことですみましたので、修正会 (しゅしょうえ) などのときも、この僧は導師 (どうし) として頼まれたりしました。

そういう法会のときのお餅を、僧はたくさんもらい、人にもやらずに、家にしまっていましたが、この僧の妻が「お餅がもったいないわ」といいました。

「子供や使用人に食べさせるより、固くなった餅をこまかく砕いてお酒に作ったらどうかしら」

…僧も、それはいいと思って、酒を造ることにしました。

もう酒ができあがる頃だろうと妻が思って、壷をあけてみると、壷の中で何だか、うごめいている気がします。おかしいな、と思いましたが、暗くてよく見えません。

灯をつけて壷の中に入れてみると、これは何としたこと、大小無数の蛇が、あたまをもたげて、うごめいているではありませんか。

「きゃあっ……」…妻はいそいで壷の蓋を掩って逃げ出し、夫の僧にこうこう、といいました。

<まさか、そんな…>

僧も信じられませんが、灯をともして壷の内を見ると、まさしく大小の蛇がうごめいています。これはどうしたこと、しかし気味わるいから捨てなければしょうがない、と壷に蓋 (ふた) をして遠くまで運び、広い野原の中に捨ててきました。

折から、一、二日たって三人の男がそこを通りかかりました。壷をみつけて、何だろう、と蓋をあけてみると、まことに何ともいえぬよい酒の香り、その男は驚いて、

「おお、すごい香りの酒だ」

…あとの二人も壷をのぞいて、

「おいしそうな酒だねえ」

はじめの男は元来、たいへんな酒好きでした。

「おれはあの酒を飲んでみようと思う」

あとの二人はとめました。

「こんな野原に捨ててあったのだ。何かわけがあるんだろう、気味が悪いよ。およしよ」

しかし、最初に飲む、といった男は、承知しません。

「どんなわけがあってもいいよ、おれはあの酒を飲まずにはいられない」

腰に下げていた湯呑みをとって、酒をすくって飲みます。まことに甘露 (かんろ)。よいお酒です。

「うまい!」と叫ぶと、あとの二人も、もとより酒好き、

「よし、こうなったら、たとえ何があってもおれたちは一緒だ、見殺しにしないぞ」

などと無茶なことをいって、二人の男も負けずに飲み出します。いやあ、うまい、というのでしたたか飲み、あとは三人でその壷を担いで家へ持って帰り、毎日飲みましたが、べつに何のこともありませんでした。

この噂は僧のところへも伝わりました。僧も仏の道を少しながら学んだ身、まんざらの無智ではありません。 (ああ、悪いことをした。仏さまに供えたお餅を、私欲で無法に横取りして酒に作ったばかりに、仏さまはわれらには蛇の酒を見せられたのだ。) …そう反省して、深く恥入ったということです。

第四話「尽きぬ米袋」

第六話「竜神の雨」