日本の3倍以上お米を食べる国。米輸出大国復活に向けて機械化に舵を切ったミャンマーの田んぼ。

ミャンマー向けのコンバイン

ヤンゴン川

この日、コンバインを使用しての稲刈りが行われるとのことで、ソーヨータさんに案内していただきました。ヤンゴン郊外の田んぼです。ヤンゴン川をわたり、東に約50kmの位置にあるトングヮ地区の田んぼです。

コンバインロング

ミャンマーの気候は熱帯モンスーン型であり、雨季 (5月中旬〜10月中旬頃) にはベンガル湾から吹く湿った南西モンスーンが降雨をもたらし、乾季 (11月〜2月頃) には大陸からの乾燥した北東モンスーンのため降雨量は非常に少なくなります。ちなみに、暑季 (3月〜5月中旬頃) は大変厳しい暑さが続くそうです。

ミャンマーの稲作地帯は、ここ南部で、ヤンゴン周辺は世界有数の米所です。7月頃から田んぼに直接、種籾を撒き、10〜11月頃に稲刈りとなります。この日は乾季らしく、空は晴れわたっていました。

田植えが出来なくなった労働力の不足は、稲刈りでも同様です。田植えの場合は直播栽培に転換することで対処出来ますが、稲刈りはそうはいきません。コンバインの導入は必然的な流れであったとも言えそうです。

  • コンバイン正面
  • リール1

これがミャンマー仕様のコンバインです。日本のコンバインとは違い、前部の刈り取り部がリールになっています。この違いは、お米の種類の違いからきているそうです。村田社長にお伺いしました。

村田「籾の脱粒性の違いです。籾が外れにくい日本のジャポニカ米は、日本で使用されている刈り取り部が適した構造ですが、ミャンマーのように脱粒性が高いインディカ米に対しては、このリールの方がより低ロスでの刈り取りが可能となります」

インディカ米が多い東南アジアでは、このタイプのコンバインがスタンダードとなっています。

コンバイン真横
  • オペレーター
  • コンバインアップ

見渡す限り稲穂が揺れる広々とした圃場です。澄んだ青空にエンジン音が響き渡り、稲刈りが始まりました。

  • コンバイン倒伏
  • リール2

ほとんど倒伏しているような稲穂も、スムーズに刈り取ります。

  • 藁の排出
  • 見ている三人

藁は切り刻んで、後部から排出し、田んぼにばら撒きます。

「機械が入って、便利になりました。良くなりました」

この田んぼの持ち主であるチョージアさんにお話をお伺いしました。チョージアさんは祖父母の代からの稲作農家です。親しみを込めて「ボスチョー」というニックネームで呼ばれていました。まず、機械化についてのメリットをお聞きしました。チョージア「機械が入って、便利になりました。良くなりました。工程も時間も短縮されました。昔は機械が無かったので、刈るのも時間がかかるし、人をたくさん使うので、人件費もたくさんかかっていました」米作りで一番楽しいのは、どんな時ですかという質問には、にこにこと笑ってこたえてくれました。チョージア「米作りで楽しいのは収穫のとき、いまの時間ですよ (笑)。機械のおかげで早く刈り取れるので、早く収入を得ることが出来ます」

チョージアさん

コンバインの作業をご近所の方々が熱心に見つめています。

  • 見ている1
  • 見ている2

コンバインによる稲刈りを、ご近所の方々が熱心に見つめていました。チョージアさんも一緒に見つめています。

  • 籾の排出1
  • 籾の排出2

刈り取った籾がコンバインのグレンタンク一杯に溜まったら、田んぼにシートを広げて排出します。

藁飼料用

この藁は、牛の飼料にするそうです。

田んぼの中に建っている家です。大きな水瓶が置いてあります。雨季には雨水を溜めて、その雨水で体を洗うこともあるそうです。

田んぼの中の家

「機械代は、高くはありません」

チョージアさんに、機械代の負担についてお聞きしました。

チョージア「機械代は、高くはありません。しかし、支払い期間がローンなどを組むことによって3年とか、5年に出来ればもっと楽になると思います。もっと便利になり、機械もたくさん売れて、農家のためにもなると思います」

この後、クボタミャンマーのマネージャ・ソーヨータさん、チョージアさん、そしてチョージアさんのお米の販路を担う流通業者のタンナイさんが精米所、町の米穀店などを案内してくれることになりました。

休憩

と言いながら、精米所に行く前にまずは休憩です。熱帯モンスーン型気候のため、あまり無理をしないで、休憩も大切にしています。ここは、バス停です。

休憩果物

チョージアさんが休憩用にフルーツを用意してくれていました。左端のマンゴーだけが国産でリンゴ、ブドウ、ミカンは輸入品だそうです。

下の写真の右端、オレンジ色の帽子を被っている方が流通業者のタンナイさんです。

皆さんが着用している腰巻きはロンヂーという名前の民族衣装です。ミャンマーでは役所にも出かけられるフォーマルウェアとして認められています。

ロンヂー

世界の田んぼレポート TOP

200年の伝統を誇るスペイン・バレンシアの田んぼ